2000年に小さな奇跡が起こりました。189の国々が貧困層を2015年までに半減させると同意しました。 国連が8つのミレニアム開発目標(MDGs)を、この大胆なプランの達成するために、目標数値とともにまとめました。 世界福音同盟ミカネットワークによってつくられた、ミカチャレンジは歴史上で世界のリーダーたちがイエスの教えでもある貧しい人へのケアーを反映したことに、ユニークな見込みがあると気付きました。さらに、貧困層を減らす意思と、可能性があることに気付きました。 ミカコールの言葉の中で、私たちは互いに’イエスに従う者として、私たちのコミュニティーの全人的改善にともに動く’ことを誓っています。 ミカチャレンジの何が新しかったかというと、擁護に重点をおいたことです。.国際、国内の政策担当者にMDGsの達成を約束したことを守るよう呼びかけました。私たちは、神様の望みの代理人でありたいと望み、教会の真に正義をおきたかったのです。ミカチャレンジは、多くの福音派クリスチャンが、悪い政策やたくさんの教会やエージェンシーの日頃の活動に悪影響をもたらす崩壊があるため、もし私たちが貧しい人々を貧困から救うのであれは、私たちは擁護しなければいけないことを理解するように導きました。 これを発端に、ミカチャレンジのアイデンティティーはミカ6:8に築かれ、正義と慈愛、謙遜に重点を置いています。この宣教は、世界の福音派コミュニティーに貧困を減らすためにおかれた目標に対応していくよう呼びかけるためでした。世界福音派運動として、発端は私たちの活動が政治的擁護である中、私たちの指命は完全に聖書的であることが明確です。  聖書からの配慮を提示し、それが政治的対応を要求しました。異なるクリスチャンがミカとパートナーを組みました。 共に、擁護することは効果があることを確認しています。 この過去10年間、ミカチャレンジは力を擁護してきた多様な国々、霊的基盤のある教会から世的な力にキャンペーンを行ってきました。結果は、アクティビティーやパートナーシップ、クリスチャンコミュニティーの有名なパートナーシップを集めるためのキャンペーン国際運動イベント、市民社会、例えば貧困のハーフタイムの笛を吹こう、や初めて世界のクリスチャンが崩壊に応答したことです。 ミカチャレンジのストーリーは多くの祝えることがあるといいます。貧困は過去25年間で半減させられ、何百万の人々が貧困から脱出し、こどもの死亡率、初等教育は大いに改善されました。しかし、正義や慈愛、聖書が語る愛を見る中、まだまだ先は長いです。ミカチャレンジは政府が貧しい人々に私たちの約束を届けるために、政府をチャレンジするために存在します。しかし、私たちは教会が素晴らしい働きをする中、神様が望む世界に近づくためにはまだまだ先が長いことを理解し悔やみます。 そんな世はイエスキリストが高くあげられ、政治や経済システムに正義が置かれています。そんな世が空想のように思えますが、可能なことです。 このような現実に住むクリスチャンは将来のシャロームを今に持ってくる世に慕うべきです。この擁護のためのチャレンジは私たちの貧困層への長期コミットメントのわずかな前兆です。2015年国際ミカは私たちの教会とNGOとの正義、慈愛、謙遜を促進するための働きにチャレンジします。

ジョエル・エドワーズはミカチャレンジディレクターであり、世界キリスト教徒の貧困への応答と言われる。ミカチャレンジでの働きの以前は、イギリス福音同盟のゼネラルディレクターを10年以上つとめる。人権と宗教の自由英連邦省人権と宗教の自由の顧問としてもつとめている。

ジェフ・ツニクリフはカナダ、バンクーバー在住のグローバル戦略家、平和構築者、執筆者。2005年から2014年の間、世界福音同盟の事務総長をつとめる。信仰や価値をベースにしたテレビや映画、デジタルメディアプロジェクト、公益のためにある会社のアドバイザーでもある。